FANDOM


ロケットパンチは、永井豪漫画及びそのアニメ化作品『マジンガーZ』に登場する人型ロボット・マジンガーZが装備する武器の一つであり、腕の先が本体からはずれロケット噴射により飛んでいくものをいう。

また、アニメ特撮などに登場する戦闘用人型ロボットが使用するこれと似た武器も一般的にロケットパンチと呼ばれることがある。

概要 編集

この武器の特徴は、通常以下のようなものである。

  • ロボットの肘(あるいは手首)から先が、パイロットの掛け声と共にロケット噴射で敵に向かって飛んでいく。
  • ある程度の操縦が可能。
  • 敵に命中した後は自動的に戻って来る。

なお、戻る機能がないものや、誘導機構を持たないものも多い。

これの派生型として、腕の伸縮によるパンチを行うものもある。例としては『装甲騎兵ボトムズ』のアーマードトルーパーに組み込まれたアームパンチ機構など。なお『ジョジョの奇妙な冒険』第1部「ファントムブラッド」では、関節を外すことにより腕を伸縮させてパンチを行う「ズームパンチ」という技がある。 他には地球防衛企業ダイ・ガードのダイ・ガードや真マジンガー 衝撃! Z編のゼウスは元々ロケットパンチを持たないが片腕を投げつける荒業を使い、それを「ロケットパンチ」と呼んでいた。

ロケットパンチ的な武器を持つロボットの元祖ともいえるものは横山光輝の漫画版『ジャイアントロボ』第二部に登場したGR2である。当時は正式名称がなく、『週刊少年サンデー』における特撮版ジャイアントロボの巻頭カラーグラビアのイラストで「強力プレス手」と紹介されていた。

『マジンガーZ』のロケットパンチは番組及び関連玩具が大ヒットした要因の一つに数えられ、主役ロボット・マジンガーZを体現する武器の一つとして挙げられる。アニメのOP曲でも「とばせ鉄拳 ロケットパンチ」と歌われている。『Z』から続く一連のマジンガーシリーズでも、この武器の特徴を受け継いだ腕を飛ばして攻撃する武器はアレンジされつつ、様々な作品に登場していくことになった。巨大ロボットに限らず、等身大ロボットが使用した事例もある。

また、この武装は玩具のギミックとしても広く使われ、設定でこの装備が存在しないロボットであっても、過去の玩具ではバネの力で発射されるロケットパンチを持つものが多数存在していた。

関連項目 編集

関連リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。