FANDOM


ドリルミサイルは、映像作品にしばしば登場する架空の兵器である。

ミサイルの先端にドリルを装備するか、ミサイルそのものがドリルのような形状で、その回転を利用して対象に深く食い込み、そこからの爆発で大ダメージを与えるのが特色である。現実にはこうしたコンセプトの兵器は存在していないが、視覚的にその効果が分かりやすいため、日本のアニメ作品や特撮作品にはしばしば登場する。

特撮作品では主に対地底兵器として扱われる事が多い。

主な使用作品 編集

マジンガーZ
マジンガーZが強化されていく課程で装備された、追加武装の1つ。ロケットパンチとして発射される腕の部分が90度折れ曲がり、肘関節の断面から発射されるミサイルである。形状はドリル状になっており、複数が一度に発射される。
ゲッターロボ
ゲッター2系統の機体に装備されている。装備されているドリルがそのままミサイルと化し、機体から離れて飛んでいく。
  • ただし、以下の機体は除く。
    • ゲッターライガー(漫画版ではジェットドリルの名前で使用。また、アニメ版でも最終回に限り下記のドリルパンチを使用)
    • ネオゲッター2、ゲッター翔(アニメ版のみ、トルネードランチャーの名前で使用している)。
敵に命中した際、爆発の有無は特に定まっておらず、爆発するときもあれば敵に突き刺さるときもある。
呼称は統一されていない。ゲッター2の場合でも、テレビアニメ版では「ドリルパンチ」、OVA版では「ドリルミサイル」と呼ばれている。
ライディーン
第28話で巨烈獣コーカツが「ダムダム弾」をライディーンのゴッドミサイル発射口に撃ち込み、その内部メカを連鎖的に破壊して機能停止に追い込んだ。
スーパーロボット レッドバロン
追加武装のドリルアローが、ドリル付きミサイルである。
宇宙戦艦ヤマト
ドメル将軍が七色星団におけるヤマトとの決戦の際に、重爆撃機に積載して瞬間物質移送器で送り込み、使用した兵器。
全体的な形状は、赤く翼のない中央部がくびれた円柱状の大型ミサイルで、爆撃機に1発のみ搭載できる。その名が示す通りに先頭部が黄色いドリルとなっており、これがヤマトの波動砲の射出口から内部に食い込む。発射を防ぐと同時に爆発することを意図し、ガミラスの兵器開発部で急遽開発されたもの。ヤマト対策兵器として特別に作られた。
先頭部には、ほぼ人間サイズの出入口がある。ここから真田志郎アナライザーが内部へ侵入し、動力を逆転。ドリルミサイルは、そのままドメル将軍の空母艦隊へ逆走して戦闘空母に命中し、旗艦以外の空母艦隊は全滅した。
このドリルミサイルに破壊工作員たちが乗り込み、ヤマトを内部から攪乱するエピソードが予定されていたが、放送期間の短縮により省略された。前述の人間用の出入り口はそのためのものであるが、このエピソードが割愛されたために、単純な弱点になってしまった。
秘密戦隊ゴレンジャー
バリブルーンの兵装の1つ。第28話では、噴火を誘引する装置を基地ごと破壊している。第42話では、鉄人仮面テムジン将軍の要塞を完全に破壊した。
宇宙鉄人キョーダイン
地球防衛軍の兵器として登場。ゴレンジャーのものと同じく地底用の兵器。
UFOロボ グレンダイザー
スペイザーの両翼から打ち出されるスピンドリルがそれに相当する。空戦用。
他にドリルスペイザーもそれらしき武器を装備している。
大空魔竜ガイキング
ミラクルドリルが登場。大空魔竜から発射されるがガイキングの武器としても使用可能。
ダライアスシリーズ
鯨型戦艦"GREAT THING"に搭載されている。シリーズを問わず、破壊すると30000点のスコアが入る。
基本はただ直進するだけであるが、作品によっては直進したのち、大爆発を起こす。
メタルギアソリッド ピースウォーカー
核搭載歩行戦機であるピースウォーカーに搭載されている。背部の複合ロケットランチャーから2発ほど発射、地中に潜行した後に対象直下から現れ爆発する。


関連項目 編集

テンプレート:Anime-stub テンプレート:Manga-stub テンプレート:Tv-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。