FANDOM


テンプレート:出典の明記ゴッド・マジンガー』は、『グレートマジンガー』の企画段階での名称、もしくは『グレートマジンガー』の後番組のマジンガーシリーズ完結編の企画である。

最終的には、『UFOロボ グレンダイザー』が製作されることとなる。

ストーリー 編集

グレートマジンガーがミケーネ帝国7大軍団の一角を崩すも、地獄大元帥の直接指揮する軍団の攻撃で科学要塞研究所は崩壊、生き残った所員は光子力研究所に避難する。そこではマジンガーZを改造して新型に改装する作業が進められていた。

そのマジンガーの名はゴッド・マジンガー。エネルギーを光子力から反陽子に変え、装甲も超合金Zに反陽子エネルギーを浴びせる事で生まれる超合金ゴッドZとなった。しかし完成には至っておらず、パイルダーの「マシーンウル」のみがロールアウトしている状態であった。

そこにミケーネ帝国の急襲が起こり、剣鉄也の発案で急遽グレートマジンガーに反陽子炉が積み込まれるが、それはグレートの死を意味した。

反陽子エネルギーの膨大な出力には超合金ニューZと言えども耐えられないからであった。剣鉄也は決死の覚悟で出撃、ミケーネの軍団を蹴散らしていく。しかしグレートは内部の回路に異常をきたし、停止してしまう。そこに颯爽とマシーンウルを駆って兜甲児が駆けつける…。その後グレートは勝利をもたらした代償に大破・放棄。鉄也も半身不随となる。その後、ミケーネ帝国の策略により炎ジュンが戦死。それを経てゴッド・マジンガーが登場するというハードな内容であったという。

この企画は当時の時勢故か、結局頓挫しグレンダイザーの企画にとって代わられた。この事を残念に思ったようで、永井豪はいつかどこかで実現させたいと1980年代にインタビューで語っている。テンプレート:Anime-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。