FANDOM


カブト号

機体解説 編集

名称は玩具のもので、劇中では使用されていない。設定での呼称は「甲児のオートバイ」
甲児が愛用するオートバイで『UFOロボ グレンダイザー』にも登場。87話でピグマン子爵光子力研究所が乗っ取られた際、来日していたワトソン博士がカブト号に取り付けたバリヤー突破装置により、光子力バリヤーを使って甲児たちの侵入を防いでいたピグマン子爵指揮下の光子力研究所に突入、見事研究所を奪還したエピソードがある。放映当時はヘルメットの着用が義務付けられておらず、甲児はもっぱらノーヘルで運転していた。
原作では、パイルダーの操縦感覚を養うために兜博士がバイクを次々と買い与えたことになっている。初期のマジンガーZのデザインではオートバイが操縦席として合体することになっていた。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。